ダイエットの数値化

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ダイエット成功のために数値化することがあります。この数値で一喜一憂しますよね。よく使われるのが、身長と体重から肥満度を測定するBMI値と体脂肪率です。これらの数値を利用して、自分の現状の体型を把握することをします。

ダイエット成功のための指標としてよく使われるBMI値ですが、BMIとは、ボディ・マス・インデックスの略称です。自分の身長と体重から体型(肥満度)を測定する指数です。体重÷身長で数値が出てきます。自分の身長そうは変わりませんので、体重計で体重をはかって、BMI値を出しています。

BMI判定表によると、計算してでた数値が17.6以下だとやせすぎとなり、17.6から20だとやせ気味、20から24だと正常となります。24から26.5だと肥満気味、26.5以上だと肥満と判断されます。筋肉量や体脂肪率などの個人差はありますが、自分の体型が平均と比べて、どうなのかを調べる上では一つの数値となるので一喜一憂しますよね。
スポサンサードリンク
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。